雨時々グリーンカレー

はるひのなにか

2021年下半期履修コンテンツ所感

忙しすぎてキレてる。駆け足で行くぞ。

いつものメモ書き程度のあれです。

 

アニメ

魔王城でおやすみ

日常系のノリで毎話観ても飽きの来ない良いアニメでした。睡眠前に観ましょう。

小林さんちのメイドラゴンS

メイドラゴンの良さは皆さんもご存知でしょう。期待通りの出来で良かった。

迷宮ブラックカンパニー

異世界社畜というネタを活かした前半は面白かったけども段々ネタ切れが見え始め、後半の物語転換部もあんまりうまく行ってないように感じ凡作という印象でした。

id:INVADED

身内で互いの指定したアニメを一緒に最後まで視聴するという催しによって履修したアニメ。ジャンル的には特殊設定ミステリといえば良いのかな。話も当然面白かったけど一番気に入ったのは作品全体の言い回しですね。

アサルトリリィBOUQUET

百合の大コンテンツであるところのアサルトリリィ。百合メカ武装少女もののTRPG(参考文献としてアサルトリリィが明記されている)を購入したので、それを遊ぶ際の参考とするために観始めました。百合と戦闘少女成分を摂取できて満足しました。

アニメぷそ煮コミ

PSO2をやってないのに何故か視聴。やってなくても結構面白くて、あとVRChatをやっていたおかげでオンラインゲーム上のコミュニケーションの文脈が理解できてよかった。

Re:ステージ! ドリームデイズ

身内で互いの指定したアニメを一緒に最後まで視聴するという催しによって履修したアニメ2。Twitterのフォロワーのリステ履修率が高いため結果として「これTwitterでやったところだ!」が頻出して楽しかった。その点を除いても大変愉快なアニメで、アイドルものの基本を抑えつつ作品の個性の主張が上手でした。一番好きなキャラクターは市杵島瑞葉さんです。

f:id:frawrle:20211220204730p:plain

画像がこれしかなかった。なにこれ?

ゲーム

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

アクションゲームの金字塔と名高い評判は本物でした。アクションゲームとしての完成度はさることながらオープンワールドであることと親和性の高いストーリーテリングは印象深いものでした。

溶鉄のマルフーシャ

steamで販売されているインディーズのシューティングゲーム。まずキャラや背景のアートワークが素晴らしく、その上ストーリーも短いながら印象に残ります。ゲーム部分もしっかり作られていて飽きずに楽しめる良作です。私はマルフーシャとライカさんが好きです。

f:id:frawrle:20211220221430j:plain

かわいいね

f:id:frawrle:20211220221406j:plain

かわいいね
ELECHEAD

steamで販売されているインディーズのパズルゲーム。文字を一切排除したこだわりのデザインに、独特で解き応えのパズルシステムは一見の価値ありです。曲も良い。

PORTAL(チェンバー19からED)

これまたパズルゲーム。数年前にラストステージだけを何故かやり残していたので終わらせました。14年前のゲームながら色褪せない面白さがありますね。あとこれ、GLaDOSのキャラ萌えゲーみたいなところあるね。

ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド

ポケモンDPのリメイク作品。郷愁を得るためのゲーム。私はプラチナをやっていたのでそれを得ることが出来、満足です。シンオウ図鑑を揃える前にロードラン(後述)へ連れ去られたので中途半端な遊び方をしています。

DARK SOULS REMASTERED

史上最高のゲームことダークソウルのリマスター版。ロードランの地を舞台にしたダークファンタジーのアクションゲームです。

その前評判に違わず面白いゲームでした。アクションゲームが苦手でないならおすすめします。ゲームシステムは言わずもがな、ストーリーについては薄味(バックストーリーはしっかりあるはずなのですが、あまり語られないかフレーバーテキストなどで補完されるので分かりづらい)ながら、それも込みで魅力的な世界観になっていました。一番好きなステージはアノール・ロンド。

f:id:frawrle:20211221214347j:plain

アノール・ロンド

映画

閃光のハサウェイ

ガンダム何も知らん(00しか観たことない)のにアマゾンプライムに来てたので友人と見ました。何も知らんのにある程度楽しめたので良かった。あと台詞が洒落臭くて良かった。

プライベート・ライアン

ノルマンディー上陸作戦の頃を題材にした戦争映画。

一生アパムのこと考えてた。アパム…お前……。

漫画

任侠転生-異世界のヤクザ姫

漫画アプリのキャンペーンで読めたので読んだ。死んだ任侠のおっちゃんがファンタジー世界の姫に転生するやつ、普通におもしろいけど転生先の姫の人格が消し飛ばされているためそちらに思いを馳せてしまい集中できない。ちゃんとそこの件はやるんだろうか。

レイロアの司祭さま~はぐれ司祭のコツコツ冒険譚~

なろう出身作。なろう特有(?)の日常系っぽいふわふわファンタジー。漫画アプリのキャンペーンで読めたので読んだ2。

マージナル・オペレーション

自動車免許合宿の苦しみから全巻衝動買いをして読んだもの。元々小説版を読みたいとは思っていたのでちょうどよかった。

実際滅茶苦茶面白いけど嫌な苦しさがあるのでそこは注意するべきかもしれない。面白いけどとても苦しかった。

魔法使いの嫁(1-3巻)

自動車免許合宿での宿泊先においてあったので読んだ。

人気作品だということ知っていたものの内容は知らなかったので読んでみた。幻想系の伝承に詳しい人が描いた現代ファンタジーで驚いた。

ホレンテ島の魔法使い

Twitterのオタクがおすすめしてたので購入。きらら作品。

自分が今まで読んでこなかったノリなのですごい新鮮だった。

デスレス

少年画報社の漫画を無料で読めるキャンペーンがあったので読んだ。六道神士の漫画。Wikipediaではジャンルがギャグ漫画となっているが流石に嘘。現代異能とか現代怪異ものの類だと思う。六道神士紅殻のパンドラで知って好きだったのだが、改めてこの作品を読んで好きな作家だなあという認識を抱いた。絵柄が好みでシナリオも面白かったらもう最強や。

ばいばい、アース(1-2巻)

冲方丁の小説を原作としたファンタジー漫画。これも少年画報社のキャンペーンで。

軽い気持ちで読み始めたらとても面白くて作品の主題にも共感(というか興味?)するところがあり、原作を全巻購入して読む予定です。

魔法使いリィンの幸せな結婚

ニコニコ漫画で連載中のファンタジーハートフル4コマ。

私が基本手を出さないタイトルと序盤なんですがたまたまTwitterで流れてきた回が良さげだったので読むことに。単なるギャグ漫画と思いきや読み進めるにつれて後日談ファンタジーとしての濃い味が出てくるわ出てくるわ。コミカルとシリアスのバランスが絶妙な作品です。

seiga.nicovideo.jp

書籍

  • 錬金術の秘密: 再現実験と歴史学から解きあかされる「高貴なる技」

唯一の専門書枠。錬金術概念が好きな人なら一読の価値あり。

  • 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。

「幻想再帰のアリュージョニスト」の作者のライトノベル。アリュージョニストに含まれる成分を文庫本一冊になんとかしまい込んだ一冊。あの作風が好きなら間違いなく楽しめる。この作風固有の読書体験があるのでアリュージョニストを知らない人も試しに読んでみて欲しい。

  • 自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う1

なろう出身作。アイデア勝負で頑張ってる感が良かったが後半から急に作家の欲望丸出しになってきつかった記憶がある。

私が現状一番好きなライトノベルシリーズであるところの「シュレディンガーの猫探し」。残念ながら3巻で打ち切り完結となってしまいましたが面白いものは面白いのでこれからも応援し続けていきます。

  • 幼女さまとゼロ級守護者さま1

面白かったけどギミック重視でそれ以外のことが若干なおざりなっていた感も否めない。が、すかぢなだけあってクオリティは高い作品だった。

  • ディメンションウェーブ1

虚無(シャバ)い……。

  • 公務員、中田忍の悪徳1

作品の出だしのアイデアも良い意味で強烈で、そのアイデアを活かしつつキャラの魅力を噛ませて1巻分走り切る怪作。話が冒頭以降あまり展開しなかったのは悪い点でもあるが、そうであるのにも関わらず最後まで読ませる作家の力量が凄い。

ここ数年間、読みたいリストに放り込まれていたのだが、たまたま1巻分を無償で読める機会が回ってきたので読破。政治思想エンタメとして最高だったので2巻も読む所存。

TRPGのリプレイ本。リプレイを見るたびに俺もおもしれーシナリオ書きて~という気持ちになるが取り組めた試しが無い。

  • スパイ教室01

人気なだけあって普通に面白かった。どうやってアニメ化とか漫画とかするんだろう。

  • 魔女と始める神への逆襲 道化の魔女と裏切られた少年

一切前評判を知らずに手に取った一冊。結構面白かったので続編やこの作家の新刊が出れば是非読んでみたいと思う。

  • 月とライカと吸血姫1

アニメ化されると知って友人から借りてきて読んだもの。普通に面白いけど世界設定とジャンルがツボから外れてたので如何ともし難い。

好きな作家(桜井光)が書いてるってのと今私の中で聖杯戦争がアツイので借りてきて読んだ本。題名のフラグメントの名の通り、聖杯戦争が断章に分かれ描かれているもので通常の小説とは異なる読み味のため、そこに違和感はあるものの、最終巻に至れば違和感は氷解し聖杯戦争を題材にした作品として一級品の読書体験が得られました。

 

なろう

サイレントウィッチ

完結済み作品。最近書籍版が推されているところをよく見るので読んでみたら、滅茶苦茶クオリティの高い小説で感銘を受けました。間違いなく面白いです。

新米錬金術師の店舗経営

完結済み作品。なろう的なノンストレススローライフ系の作品ではありますが、地に足がついた展開をするので好印象を持てる物語でした。

 

TRPG

最近購入したルールブックをご紹介。

聖杯戦争RPGFate Table Night―Re:peat』

PCゲーム『Fate/Stay Night』を原作とした二次創作同人TRPGです。

二次創作なので世界観設定は当然原作準拠でゲームシステムの方はシノビガミのパクリです。まあパクリとはいえ世界観と合わせるために色々調整されてますしその調整の仕方も丁寧で面白いTRPGになってます。このTRPG自体は前から遊んでたんですけどルールブックを購入したので改めて再認したという感じですね。私の中で聖杯戦争が今アツイのはこれのせいです。

このTRPGのいいところ直截に言うと、ぼくのかんがえたさいきょうのサーヴァントで聖杯戦争ができるということですね。私は今までナルキッソスヴァン・ヘルシング、センメルヴェイス・イグナーツや近松門左衛門など名だたる英霊たちを召喚しています。キミもキミのかんがえたさいきょうのサーヴァントで聖杯戦争を勝ち抜こう!

武装少女RPG プリンセスウイング

世界観から”現代メカ武装少女百合をやれ”という意思がビシビシ伝わってくるニッチすぎるTRPGです。フレーバー全振りというわけではなく戦闘部分も結構面白いので全体的に良いTRPGです。

 

 

年末年始タスク多すぎ。助けて。

 

終。